音楽療法とは違う、ただ高齢者のかたに音楽を楽しんで欲しいと思っているおばさんのペ-ジ


by hoohiromi

<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

続・家族の思い 



ほとんど眼をつむり、表情も言葉もないYさんのご家族。

私たちと曜日が合うのか、しょっちゅうお見かけします。

「Yちゃん、今日は顔色もいいね~」

「Yちゃん、この歌知ってるね?よかったね~~」

と何でも声がけをしておられます。

私たちなどにも丁寧にご挨拶してくださいます。

そして何よりこのご家族さんのすごいところは

他の利用者さんとコミュニケ-ションをとられること。

いわゆる世間話をされているのです。


誰とでも普通に接しておられます。

私なんかはこんな仕事をさせていただいているお陰で

人がどんな状態になっても「人」であることが当たり前だけれど

もし、何も知らないまま家族が認知症になったとしたら・・・・

このYさんのご家族のように振る舞えるかどうか・・・不安です。


Bさんのご家族のように

「ねえ、何にもわかんなくなっちゃって・・・困ったねぇ~」

とため息混じりに涙と共に言ってしまうのも、当然といえば当然。


全ては自然のままに・・・

表面上は何も分からなくなっているかもしれないけれど

実は「魂」の部分でちゃんと生きておられる、 と思います。

その方が「生きておられる」ことに全ての意味があると。
[PR]
by hoohiromi | 2008-03-30 00:20 | 笑ってもらいたい

家族の思い

身体は殆んど動かせない状態

時には「もう次回はお会いできないのではないか?」と不安になるぐらい

様子がひどいときもあるIさん。

でもこちらの呼びかけにちゃんと答えてくださるし、私もhisakoさんもこのIさんのファン。

Iさんの受け答えは超おもしろいのです。

「Iさん、この季節になると旦那さんとデ-トしたこととか、思い出されますか?」と言うと

「はいぃ~思い出しますゥ~~ハッハッハッ」

「旦那さんは男前やったですか?」

「はいぃ~男前でしたぁ~~ファッハッハッ」  とお返事。

おちょくられているのか、はたまたゆるぎない真実なのかわかりませんが

今日たまたま面会に来られていたIさんの娘さんらしき方。

そんなIさんの様子をご覧になって、その場で思わずポロポロッと涙をこぼされました。



私は少し離れたところに居たので『もらい泣きしそうになった自分』を戒め

わざと違う方を見ていましたが、当のhisakoさんは大変でした。

hisakoさんはお母さんを亡くされてちょうど1年。

誰よりもその家族の気持ちがお分かりのようです。。。


こんな風に寝たきり、もしかしたらこのまま逝ってしまうんじゃないか

そんな風に思えるような方でも、Iさんのようにこちらのいう事にちゃんと反応してくださる!!

“あなたのお母様はすごいですよ!”

そう言って差し上げたかった・・・・ コレがhisakoさんと私の想いです。

ご家族はいらしてもほんの数十分の面会。

そんな時間ではその方の本当の姿はわからないんじゃ?

こんな風にでしゃばりのオバサンでもいない限り・・・・。

娘さんの涙、 又思い出しました。。。
[PR]
by hoohiromi | 2008-03-25 22:19 | 笑ってもらいたい

人生いろいろ

尼崎の事件。

80歳を超えた夫が少し年下の認知症の妻を殺害。

夫は自分がガンに侵されていると知り

将来を悲観し、愛する妻の殺害に至る。

「そばにいてくれるだけでよかった」とは夫の弁。



この人、近所にも妻が認知症であることを隠していたとか。

どうして隠した?恥ずかしいと思われたんだろうか?

施設をご覧になったことはあるんだろうか?

認知症・・・でもどの人も愛すべき人たちばかり。

1人で抱え込まずにせめて施設の見学にいかれたら良かったのに。。。

奥様が施設に入られていてご主人が面会に来られている

そんな風景をよく目にします。

何かほほえましい・・・・

「なんだか機嫌が悪いし何にも言うてくれませんわ」 

と面会に来られたご主人がつぶやかれる事もあります。

でも「そんな時もありますよ~つい先日はニコニコして歌っていらっしゃったんですよ」

と教えて差し上げると「そうですか~?」

と半信半疑ながらも納得されています。

私たちやスタッフが「こんな反応されるときもあるんですよ~」って

言うだけで、ご主人は気が楽になられるんじゃないかと思います。

利用者さんが「笑う」だけで

面会に来た家族は幸せになれるんですよね。056.gif
[PR]
by hoohiromi | 2008-03-13 22:12 | 笑ってもらいたい
タイトルを書いたところで

コレだけ見たらみなさん何を想像しはるやろか?  と考えました。

・・・・・・・・・・・・・・・なんにも思いつきません!


ところがこの二つの物はとても関連性があります。

どちらも、それぞれにおばあちゃん達をにっこりさせたものだからです。


まず、聚楽館
056.gif056.gif056.gifむずかしい漢字ですね。   しゅうらっかん  と読みます。

昔の神戸の人が「060.gifええとこええとこしゅうらっかん」と呼び親しんだ
映画館、劇場の名前061.gifです。

なんでも東京の帝国劇場をお手本に作られたとか。

映画や演劇は民衆の最大の娯楽であった事は皆さんに伺って知っていました。

で、hisakoさんが何の拍子だったか「聚楽館」という名前を出したそのとき

それまでウトウト、こっくり、やかましい演奏にも耳を傾けられなかったAさん。

とつぜんにっこり016.gif「あ~聚楽館ね~」と言われるのです。

hisakoさんは一瞬ひるみましたがすかさずAさんとロ-カルな話題。

私はもちろんついていけません!!005.gif

「さよなら~」をした後でも 「聚楽館聚楽館・・」とつぶやいておられましたから

よほど聚楽館に思い出がおありなんでしょう。


そして、「お好み焼き064.gif←コレはピザですが・・・・

hisakoさんが、これまた何気なく話した「お好み焼き」に

確か3ケタに近いお年のNさんが突然「おいしいねぇ」とおっしゃったのでした。

それも満面の笑みで。。。

Nさんは音楽がとてもお好きでいつも曲にあわせて踊ってくださる方なんですが

お声はあんまり、いや殆んど聞いたことがなかったのでした。

そのNさんがいきなり「お好み焼きはおいしいねえ~」と連発されるものですから

私たちは驚くやら嬉しいやらおかしいやら005.gif003.gif029.gif


私たちは一応音楽の宅配をしていますが

音楽のみにこだわらず、いろんな方向から、色んな方法でみなさんとコミュニケ-ションを

とろうとする理由はまさにこれなんですよね。


「聚楽館」や「お好み焼き」の話題で笑っていただけるものなら

私たちも大いに幸せです016.gif053.gif
[PR]
by hoohiromi | 2008-03-04 20:16 | 笑ってもらいたい