音楽療法とは違う、ただ高齢者のかたに音楽を楽しんで欲しいと思っているおばさんのペ-ジ


by hoohiromi

<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

東京行進曲

東京行進曲


   作詞:西条八十
  作曲:中山晋平
  歌唱:佐藤千夜子    
  制作:滝野細道


 (一)
  昔恋しい 銀座の柳
  仇な年増を 誰が知ろ
  ジャズで踊って リキュルで更けて
  明けりゃダンサーの 涙雨

 (二)
  恋の丸ビル あの窓あたり
  泣いて文書く 人もあろ
  ラッシュアワーに 拾った薔薇を
  せめてあの子の 思い出に

 (三)
  広い東京 恋ゆえ狭い
  粋な浅草 忍び逢い
  あなた地下鉄 わたしはバスよ
  恋のストップ ままならぬ

 (四)
  シネマ見ましょか お茶飲みましょか
  いっそ小田急で 逃げましょか
  かわる新宿 あの武蔵野の
  月もデパートの 屋根に出る


どんな方もこの歌のどこからでも自由に口ずさめる・・・

そんな歌のようです。

実はこの歌は菊池寛の原作で若き日の溝口監督が監督した小唄映画の主題歌だそうです。

皆さんの様子をみていると相当流行ったのだろうと推測できます。

しかしながら一方で

“退廃的な流行歌が巷に氾濫するのはけしからん。質実剛健な歌であるべきだ”

というわけで、

放送禁止命令が出てラジオからこの歌が消えたこともあるのだそうです。

「(このような詞は)江戸っ子の面汚しだ。外国の流行歌はもっと上品だ」と作詞者を批判した人もいるとか。

 西條は「日本人は昔から説教じみた歌は歌わない。

『東京行進曲』の流行がそんなに嫌いなら、好んで歌う大衆を責めるがいい」と反論、


大変な騒ぎになっていたようです。

それで余計に皆さんがご存知なのかもしれません。


私にはこの詞の意味があんまり分かりません(汗)
[PR]
by hoohiromi | 2007-06-27 21:36 | 昔のあんな曲、こんな曲

ジャズにできること

ある施設の男性入所者、○○さん。

お元気な頃はジャズのドラマ-だったとか。

そういう情報はスタッフから頂いていましたが、「ジャズ」といわれてもね~

私には40数年間縁の無かったジャンルだし。


○○さんは心身膠着・・・というんでしょうか。身体に力が入らない状態。

介助してもらって少しは歩いておられますが、ひどいときは床にゴロン。

認知も少しあるようだし、おっしゃる言葉もよく聞き取れません。

“お好きだったジャズを聴いてもらったら、何か変化があるんやろうか?”

悔しい思いでふと、そんな事を考えたり・・・・


なんだかんだあって、結局この私がジャズピアノを習うことに。

まだ2回のレッスンなんですが

なんとか見よう見まねで「先生」オリジナルの曲をどうにかこうにか鳴らすことが可能になった・・

そんな昨日

○○さんのご機嫌がすこぶるいいので「やってみようかな」

ということに・・。


○○さんを目の前にして弾かせていただきました。緊張。。。

すると・・・

スタッフがそうっと持たせたスティックを○○さんが動かす・・・

まるでそこにドラムセットがあるかのごとく・・・足もわずかながらしっかりリズムを刻んでいる。

手に力が入らないのでスティックを落とされもしましたが


スタッフ、側に寄り添うhisakoさん、弾いている私、みんな大感動。。。

○○さんの顔も輝いて見えました。

あんな笑顔を今まで見たこと無かった

曲のあとになんだかおっしゃったのですが、残念なことに分からなかった。


みんなが「すご~い!!」と拍手喝采しているのを

「こんな事くらいでビックリされちゃ困る」みたいなことをおっしゃりたかったのかなあ

とhisakoさんとは話しました。


たかが1曲。 しかも素人の弾くジャズ。

それでもこんなに人を明るくしたりして・・・



いやいや、それにしても

○○さん、わたしのあんなのでもジャズに聞こえたんでしょうか??
[PR]
by hoohiromi | 2007-06-14 21:22 | 音楽で何ができる

あなた

あなた、と呼べば
あなた、と答える
山のこだまのうれしさよ

「あなた」
「なんだい?」

空は青空、二人は若い


ご存知、「二人は若い」という歌です。

この歌だとすぐに歌ってくださるおばあちゃんがいらっしゃいます。

ちょっとこぶしをきかせて首を振りながら・・・



「お若いとき、ご主人のことはなんて呼んでらっしゃいましたか? 」とお聞きすると

「お父さん、やろかね~」

じゃあ、ご自分はなんて呼ばれてはったんですか? と聞くと

「おい かなあ」

「呼ばれたかいなあ?、わすれてしもた」


という答えが殆んどです。

「お若いときは『あなた~』とか呼んでいらしたんじゃないんですか?」

と念を押しても

「そんなこと、あるかいな」  という返事。




本当のところはどうだったんでしょうか?

日本の男性は得てしてシャイですからね~

やっぱり『おい』なのかなあ。

上の歌の歌詞のように

「あなた」

「なんだい?」

と甘い生活を送ってこられたかたもいらっしゃるとは思うんですが・・・




余談ですがhisakoさんが若い頃、二階に寝ておられるご主人を起こすのに


階段の下で「あなた~~~」 と叫んで(どんな声色かは知りませんが!!)いたそうですが


当時よちよち歩きの息子ちゃんが、それをまねて


階段をちっちゃい手でパンパンって叩きながら

「アニャタ~~」

とやりだしたのでやめた・・・・・   らしいです。
[PR]
by hoohiromi | 2007-06-01 20:58