音楽療法とは違う、ただ高齢者のかたに音楽を楽しんで欲しいと思っているおばさんのペ-ジ


by hoohiromi

<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

仰げば尊し の効用

3月と言えば・・・卒業を思い出されるかたもきっと多いはず。

高齢者の方たちも同じです。

それも自分の卒業・・・・より自分の子どものを。

ご自身は戦時中で 卒業証書ももらわなかった・・・と言うような方もいらっしゃいます。


そこでやはり歌いたくなるのがこの歌。


仰げば尊し
これを歌い出すと、突然起立される方もおられます。

メロディ-もとてもきれいなので、途中で何度も涙ぐまれる方も。

だいたいの場合伴奏をオルガン系の音で弾く私も

この歌のときは「ピアノ」の音です。



近頃はこの歌を卒業式で歌わない学校も増えていると聞きます。


私はやっぱりこういう歌は残してほしいです。。。。。。。。
[PR]
by hoohiromi | 2007-03-16 21:48 | 昔のあんな曲、こんな曲

オトナのイジメ

いい年こいたオトナがですよ。

全ての人にやさしくあるべき職の方々が・・・ですよ。

なんで仲間うちでイジメ・・やるんでしょう。


それでいい人材を失う施設は多大なる損失。


利用者の人には「いい顔」していらしても

仲間うちで話されているときの言葉使い、表情、見ていると 辛いものがあったりします。


ここにいる人たちはみんな(私たちオバサンも含めて)

めざすゴ-ルは一緒のはずですよね



私たちがお世話になる頃は、どんな社会になってるんでしょう(汗)
[PR]
by hoohiromi | 2007-03-14 21:26

突然の別れ

先週まで ニコニコ、ニコニコ。

「私は歌はヘタやけどね、でもいいね~歌って。」

こんな言葉を頂いていた方が突然・・・・。


「な、な、なんで??」


車椅子の生活ではありましたが、それなりにお元気でしたよ、ついこの間まで。






やっぱり、毎回毎回「これが最後かも」という危機感を持ってセッションする大切さ。

思い知らされました。

今、この時を、この一瞬を共有できる幸せ。

その一瞬をその人にとって 少しでも「いい時間」にしていただきたい。


医療のデ-タ-を超えた何かがあるはず。



とは言いつつも、心のどこかで

「ホンマに私って この人に役に立ってるんやろか・・・・」
「タダの自己満足?」


こう思ってる自分がいます。

特に私は聞こえているか聞こえていないか、キ-ボ-ドたたいているだけですからね。

ちょっと凹みますね・・・・。
[PR]
by hoohiromi | 2007-03-11 23:11