音楽療法とは違う、ただ高齢者のかたに音楽を楽しんで欲しいと思っているおばさんのペ-ジ


by hoohiromi

<   2007年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

湯島の白梅

「別れろ切れろは芸者のときに言う言葉・・・・・」

このセリフ・・・結構有名ですよね?

このセリフが出てくる映画が泉鏡花の小説「婦系図」とか。

d0025581_22202842.jpg




むか~し母の本箱からそう~っと抜き出して読んだ記憶があるのですが

まるで覚えてない。。。小学生だった私には難しすぎたのでしょう。


で、そのときの歌がこれだそうです。


1.湯島とおれば 思い出す
 おつたちからの 心意気
 知るや白梅 玉垣に
 残る二人の 影法師

2.忘れられよか つついづつ
 岸の柳の 縁結び
 かたい契りを 義理ゆえに
 水に流すも 江戸育ち


みなさんよくご存知ですよね~~ビックリしました。

こぶしを利かせたりして、男の人も女の人も上手に歌われます。

私は本物を聴いたことがないのでどんな伴奏をしていいか皆目わからず

相変わらずテキト~~。ゴメンナサイ~


この映画に出られたのは  鶴田浩二さんと山本富士子さん。(写真)


漢字もこれであってるかどうか分からないくらい、私は知りませんが

男前と世界一の美女(ホンマ?)のコンビだったと皆さんおっしゃいます。

おつたさんとちからさん、この恋は実ったのでしょうか?


どなたかご存知ですか?
[PR]
by hoohiromi | 2007-02-22 22:22 | 昔のあんな曲、こんな曲

ホスピタルクラウン

なんだかすごいご無沙汰してしまいました。

もうすでにみなさんに見放されてしまっているだろうとは思いつつ・・・


でもやっぱり書こう・・・とPCの前に座りました。

久々の話題は本。

タイトルは「ホスピタルクラウン」

たまたま本屋をうろついていてみつけたものです。

でも、今、すごい話題になっているらしいですね。


d0025581_2252827.jpg



字も大きくて、字数が少なくて すぐに読めちゃう本でした。

でも 心に残る文がいっぱい。

「道化師のぼくはなるべく頭を空っぽにして、ニュ-トラルな気持ちで人と接するようにしている」

とか

「本当に答えの無い世界なんだ」

「子どもが笑ってくれさえすれば自然と勇気もわいてくる」



そうそうそうそう!!!!
そのとおり!!!!



そういう風に思えるところがいっぱいなんです。


hisakoさんは地元では「上沼恵美子」といわれる・・・芸の達人・・いや、失礼!

でもそれに近いもので皆さんに笑いを提供しています。

皆さんの笑顔でこちらもどれだけ幸せになることか!!!

答えは本当に無い世界だけど

私たちが目指すものは「心地よく時間を過ごしていただくこと」

それしかないんです。

このクラウンさん、いっぺんお会いしたイな~

この本のHPがありましたここからどうぞ~
[PR]
by hoohiromi | 2007-02-20 22:28