音楽療法とは違う、ただ高齢者のかたに音楽を楽しんで欲しいと思っているおばさんのペ-ジ


by hoohiromi

<   2005年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

〝笑い″の効能

笑いはあなたも私も幸せにします

私達は
 歌と笑いの宅配便
 というユニット(?)ですから 

高齢者施設での セッションの基本は笑いです。 

笑いの効用については近年医学的にも証明されてきています。 

笑うと免疫力があがる。自律神経のバランスがよくなる 等々。

私たちはドクターではありませんのでそんな難しいことを考えて行っているわけでもなく

数値を計るためにしているわけでもありません。

 ただ そこにいる 方々に楽しい時をお届けしその時を共有させていただきたいと

思っているだけです。そのなかでいつも思うのは 笑顔は伝染する ということ。

無表情でいらした方もこちらが笑顔でかかわっていると ニコ~ と笑みをうかべられたり 

頑なに腕を閉じておられる方の手に笑顔と共にそっと手をそえると

こちらの手をにぎってダンスのように手と身体を揺らしてリズムをとられたり・・・・  

まさに 感動  至福の時です。 

その方の笑顔に私達が癒されます。  

本当に ありがとうございます の世界です!!  

by  Hisako
[PR]
by hoohiromi | 2005-09-24 22:20

歌詞カ-ド

”歌”には歌詞が必要です。

ただ、なくても歌える・・・という歌は別です。

今は便利なものがあります  PCそして拡大コピ-



私たちは一太郎またはワ-ドで打ったものを分割拡大します。

ちょっと前はセブイレで自動で分割拡大コピ-が出来たのですが

その機能がなくなり、私たちとしてはいたい・・・。

結局パソコンで9分割OP してそれをA3に拡大   しています。

みなさんの前に広げるとき、気になるのが字体・・・フォントです。

だいたいゴシック  ですがポップ体にすることも。

如何に見やすくするかが歌声の大小にかかわってくるのです。

特にデイサ-ビスの方達は目もよく見える方が多いですから。
d0025581_1035781.jpg

[PR]
by hoohiromi | 2005-09-10 10:36

音楽の感じ方

いわゆる音楽療法というものに関して
人の音楽の感じ方
云々・・・の話をしてくださる方に
まだお会いしたことがありません。

また、そういうことを考えている・・・という人にも。

どうしてでしょうか?

私自身はいろんな曲を聴くのが好きでいつもMP3にいれて持ち歩いて聞いています。

クラシックを始めポップ、ロック 映画音楽などジャンルはさまざまです。

仕事に行くときは軽快なポップ{がんばるぞ~~」「たのしいなあ~」って思えるような・・・。

一人で静かにいたいときは静かなバラ-ド系。などなど。



そして同じ曲を聴くのでも日によって感じ方はまるで違います。

心身ともに元気で「よっしゃぁ」って思えるときに聞いた感じ。

ちょっと身体がばて気味でしんどいなあと思いながら聞くとき。

気持ちが不安定で笑うことを忘れているときに聞いた感じ。

また、お天気のいい日と悪い日。
すべて違います。

これは高齢者のかたにも言えないでしょうか?




だからといって30人ほど相手に一度にセッションをしていると

個人的な対応がなかなかできないので

なにもできないのですが・・。

でも、同じ音を前回は気に入ってくださったけど、今回はまるでだめ。

なんていうこともよくあるのです。


何も出来ませんがそういうことを心の隅においてセッションをすると

一人一人をとても大切に思えます。



ちなみに私はよくBGMで色んな曲を弾きますが

これらは殆んどお世話をされているスタッフに「ご苦労様」

という気持ちでひいています。

スタッフだって聞こえているのです。

音楽は対象者のみなさんのためだけではない・・・・というのが

私の思いです。

ちょっとキレイな曲を聴いて、対象者の方達に優しい気持ちになっていただけたら

それも音楽療法といえないでしょうか?
[PR]
by hoohiromi | 2005-09-06 21:09