音楽療法とは違う、ただ高齢者のかたに音楽を楽しんで欲しいと思っているおばさんのペ-ジ


by hoohiromi

<   2005年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ワ―クショップ

歌と笑いの宅配便/初めてのワ-クショップ  を開きました。
大体のメニュ-です

アイスブレ-ク    仲間探しじゃんけん
             パフリングを使ってあいさつ  「○○さん、こんにちは」   
                                「私は○○です」

歌           季節の歌 春 ・・・・カ-ドを使って題名当てクイズ
                    「はるがきた」など・・・。

             懐かしの歌 ・・・・・「青い山脈」 など。

体を動かす      布をつかって     「バラが咲いた」など

その他         広告破り→こいのぼりをつくってみましょう
                             →パラバル-ンで泳がしてみましょう


              こんな歌がウケることもあります
                              「僕らはみんな生きている」


ふりかえり    Q&Aなど


最後の振り返りで自分の得意な歌しか歌えない・・・とおっしゃる方がありました。
私も同感。
どうしても演歌っぽいものや端唄(?)民謡などはしり込みしてしまいます。
もちろん端唄にいたっては伴奏なんてできませんけど・・。

あ、それから「蘇州夜曲」・・・みたいなものとか・・。
どうしてものれない歌って、やっぱりありますよね。
今日、「春の小川」を歌いましたけど、あれも結構私の不得意な曲です。
アレンジの仕方がどうしても単調でありきたり。
弾いていてつまんないのです。


あと、話が途中になってしまいましたが
「歌詞の大切さを痛感しています」とおっしゃった方がおられましたが
本当ですね。
昔の歌にはもう、死語になっている言葉が数多く出てきます。
私達も歌詞をPCで書き出しているとき感じます。

たとえば・・・・。
卯の花のにおう垣根にホトトギスはやも来なきて・・・
夏は来ぬ・・ですね。

今の若い人たちはせっけんのCMソングだと思っているかも・・。


もしかしたらこういう言葉を次に伝えていく役目も私達は担っているのかもしれませんね。


今回は比較的元気なかたを対象としたセッションのご紹介でしたが
次回はまた違った感じのものを提供できればと考えています。



本日参加してくださった皆さん、本当にお疲れ様でした。
第一回目と言うことで不慣れなこともありました。
懲りずに又のご参加をお待ちしています。
[PR]
by hoohiromi | 2005-04-24 22:35

ワ-クショップ

歌と笑いの宅配便~と称して、日曜日にワ-クショップを行います。

講師はhisakoさん。


肩肘はらなくても 音楽を使ったセッションはだれにでもできます!!!!
と言うことを伝えたいが為。


今のところ参加予定人数は10数名。
大盛況のうちに・・・・・と書きたいなあ。

日曜日、午前です。

コレを見て行きたいと思った方!!
どうぞ~♪
[PR]
by hoohiromi | 2005-04-22 22:28

必需品その2

本日のご紹介はキ-ボ-ド。担当はこのわたし、hikoです。
音大も出ていない、その辺のおばさんですが
なぜか聴いた曲はそのまま伴奏つきで弾きます。(自分でもよく分からない(´・ω・`))
d0025581_2128573.jpg


ネットで落としました。値段は言えないぐらい安い!!
セッションでよく使う音は011と017.018
-011はビブラフォン、017はperkオルガン 018はrockオルガン-
hisakoさんがト-クをしている間は邪魔にならないように011でBGMを弾きます。
かわいい音です。
元気に歌う歌は017が多い。後は殆んど018でOK.
たまに夕焼け小焼け~♪などのときは048(ストリングス)なども。

リズムもよく使います。
コレを使うとみなさんのノリが違うのです。
耳の不自由な方の場合はそのリズムのボンボン・・と鳴る振動で
音を感じてくださるときもあるのです。
おそるべしっ リズム!
[PR]
by hoohiromi | 2005-04-20 21:47

必需品

セッションで必要なもの・・・たくさんあります。
なかでもコレ!!というのが写真のマイク。いわゆる拡声器・・・とでもいいましょうか。
d0025581_20595378.jpg


高齢者のかたの半分?は耳が不自由になられています。

そういう人には音楽なんてムリ!!・・・・と言うのではなく
そういう方にいかに音楽を楽しんでいただくかというのが、
私たちのひとつの大きな課題でもあります。

そのために見つけたものがコレ!

ベルトで腰に巻きつけて使います。
集音機能の高いマイクを使うと、かなり大きい音を出してくれます。
写真では黒い小さな四角いのがマイクです。
hisakoさんの冗句もここから出て行くわけです。(*^-^*)ゞ

イベントなどで使われているのをご覧になったことがおありでしょうか?

あとは、できるだけ聞こえにくい方に近寄って・・・。
注意しないといけないのは、よく聞こえる方には「うるさい」こと。
そのあたり、とても微妙な気配りが必要です。

又、使い方のバリエ-ションとして
対象者の方々の声を拾う・・・というのがあります。
マイクを向けることによって、「うたってみよか・・・」と声を出される方もあります。

又その声をスタッフの方に届けることも重要な役目だと思っています。
普段は口をきかれないかたが歌を歌う・・・そんなこともちょくちょくあるものですから。
スタッフの方に「へえ~っ!」と驚いていただくのもうれしいものです。
[PR]
by hoohiromi | 2005-04-19 21:17

笑い

“お”はつけません。ただの「笑い」です。
人は笑うことによって本当に気持ちが変わるようです。

高齢者のかたも例外ではありません。
ただ手を振って『○○さ~ん』 と声をかける。
それだけで、お顔が変わります。
人が違うようです。

日本の文化にはあまりない「名前を呼ぶ」・・ということ。
特に高齢者のかたには必要ではないかと思います。

下品なユ―モアは必要ありません。たとえば・・・・
hisakoさんはよく自分の家庭のことを話題にします。

高校生の息子がこんなことを言うんです!とか。自分の失敗した話とか。

私がそこで突っ込みを入れるとちょっとした笑いが起こります。
それだけです。
それで又歌にもどります。
そんな繰り返しによって歌声はだんだん大きくなります。
伴奏のキ-もそれにあわせて少し高くしたりします。

こんな単純なこと、なんです。
[PR]
by hoohiromi | 2005-04-16 23:17

今日のセッション

今日のセッション・・・・テ-マは春
朝から雨模様だったので「あめふり」で始まりました。
それまでうつむき加減に寝ていらした○○さんも突然起きて歌い出されました。


「さあ、歌でも歌いましょうか?」 とはいっていくhisako音楽宅配便(セッション)は
とって~も気楽。
思い立って伴奏者のわたしhikoがこのブログを作るにいたりました。
ご興味のある方、どんどん入ってきてコメントくださるとうれしいです。♪♪


hisako音楽宅配便は歌のみならず笑いをテ-マとしています。

音楽療法・・・には敷居が高いけど音楽楽しみ隊ならだれでもできる!?
というのがhisako音楽宅配便です。

時間はかかりますが少しづつ更新していきます。よろしくお願いします。
[PR]
by hoohiromi | 2005-04-12 20:14