音楽療法とは違う、ただ高齢者のかたに音楽を楽しんで欲しいと思っているおばさんのペ-ジ


by hoohiromi

カテゴリ:昔のあんな曲、こんな曲( 36 )

人生劇場

私は決して若いとはいえない年齢ですが

それでもこの歌を歌っている「村田英雄」という人、

名前は確かに知っていましたがお顔はちょっと思い出せません。

あるおばあちゃんがふと口ずさまれた歌、「人生劇場」




    作詩 佐藤惣之助  作曲 古賀政男
                        昭和13年
1 やると思えば どこまでやるさ
  それが男の 魂じゃないか
  義理がすたれば この世は闇だ
  なまじとめるな 夜の雨


2. あんな女に 未練はないが
  なぜか涙が 流れてならぬ
  男ごころは 男でなけりゃ
  解るものかと 諦めた


「やると思えばどこまでやるさ」の部分だけ口ずさまれたので

「聴いたことあるような、ないような」って感じでネットで調べたら。

あ~~~便利な世の中です^^すぐに出てきました。


そして、みなさんがよくよくご存知!

びっくりするぐらいのヒットです。

「いや~私はよう知りません」とおっしゃる方も

いざマイクを向けるとみなさん上手に歌われちゃいます。すごい!

特に男性陣に2番を歌っていただき

「男性はやっぱり別れた女性に未練がないといいつつ泣けるもんですか?」

っと聞くと

「そやな・・・」と感慨深げに答えられます007.gif

男性はやはりデリケートなんですね。



又これはこぶしがスゴイきいている歌で、伴奏もそれなりにややこしい><

なかなか覚えられませんでした。


「村田英雄」からリンクして「春日八郎」「三波晴夫」などの名前もおっしゃる方がいて

そっちの歌たちも勉強しなくてはいけないようです。


そっちの方はまた後日。。
[PR]
by hoohiromi | 2009-08-27 19:10 | 昔のあんな曲、こんな曲
6月は梅雨。

いやな季節、ではありますがジュ-ンブライドという言葉もあるくらい

結婚のシ-ズンでもあるようです。

それで花嫁関係の歌を歌ったりしますが・・・・


今日は「瀬戸の花嫁」


そう、あの小柳ルミ子さんが歌われた叙情的な歌です。

「私らの結婚のときなんて衣装もモンペやったわ。」

とか

「向こうのおうちまで連れて行ってもらうタクシ―の運転手さんに“米”渡した」  と

なんとセレブな方もいらっしゃいます。


そして特筆すべきは


この歌が男性陣に大うけなことです。


歌いながら泣き出される方も何人かいらっしゃいます。

すると前に座っておられたあるおばあちゃまが


「なに?あんた、どないしたん?嫁さんの事思い出したん?」

と 突っ込まれます。

子どものように  「うん」とうなずかれるおじいちゃま。

すかさず別のおばあちゃまが


「わたしら、そんなん(旦那を)思い出すこともあらへんわ」


わたしとhisakoさんにはおおウケ!!!


やはり女性は現実主義というのでしょうか。冷ややかです。


まあ、それにくらべて男性陣の「ロマンチスト」にはびっくりですσ(^◇^;;
[PR]
by hoohiromi | 2009-06-16 21:47 | 昔のあんな曲、こんな曲

美空ひばりの・・・・

石本美由起さんという作詞家が亡くなられました。

代表作・・というより作品の殆んどが超有名な歌ばかりで

新聞の記事を見て驚きました。

中でも「港町13番地」「人生一路」「悲しい酒」などは美空ひばりさんの曲として

私でも結構知っている歌です。


高齢者の方々にとってもそうです。皆さんよくご存知の曲ばかり。

でも

歌うには難しすぎる!!


そこで私が弾かせて頂きましたよ~

「港町13番地」「人生一路」 の2曲

よく分からないところはようつべで何回か聞いて。。。。



やはり・・・彼女は歌が素晴らしいですね。

まるで一つの楽器のようです。

音にみじんの狂いもない!!!聞いていてとても安心します。



というわけで今週の「演奏タイム」の曲は上手く見つかりました^^;
[PR]
by hoohiromi | 2009-05-30 21:51 | 昔のあんな曲、こんな曲

世代交代

私自身、こういう音楽の仕事をさせていただくようになって8年ほどでしょうか。

当然、私は8歳年を重ねたわけで・・・・

そして当然、利用者さんも変化しているわけで。


それを痛切に感じるのが「受ける歌」です。


ついこの間まで見向きもされなかった歌がいやにうけたり

この間までよくご存知だわ~~と歌っていた曲が

あれあれあれ????歌われる方が少なくなったりして。




少なくとも4-5年前は口にすることも無かった

「サザンオ-ルスタ-ズ」 「アンジェラアキ」

そんなリクエストもいただくようになりました。



当然のことながら時代は確実に流れているようです。


私が施設に入ったら何をリクエストするんだろ???
[PR]
by hoohiromi | 2009-04-25 23:06 | 昔のあんな曲、こんな曲
今日は「月光仮面の日」だそうです。




70歳代が多いフロア・・・・結構みなさんが口ずさめます。

80~90歳代が多いフロア・・・・「聞いたことあるけど」口ずさめない方が多い


月光仮面という歌は昭和33年2月24日にテレビ放映が始まり

子どもたちの間でヒ-ロ-となったそうです。

子ども達が高所から飛び降りる「真似」をしてけが人が続出したために 翌年7月には

放映が終わったとか。


本日お会いした方も「うちの子も真似て塀から飛び降りて 鎖骨を折りました」

とおっしゃっていたくらいだから、相当なものです。


だからなのか。

80~90歳代の方たちは「?」と怪訝な顔。



驚いたことに、この詞を作ったのは

あの川内康範氏でした。

こんな子ども向けの歌から「おふくろさん」まで

幅広いんですね
d0025581_18564129.jpg
026.gif
[PR]
by hoohiromi | 2009-02-24 18:58 | 昔のあんな曲、こんな曲
100歳になられる○○さん

先日来、口ずさんでくださる歌があるのですが

80歳の方も「きいたことない」  とおっしゃるし

私がネットでいろいろいろいろと調べてみても

全くヒットしません007.gif


歌詞ははっきりとわかっています。

♪  小さき砂の一粒も 積れば富士の山となる

   われらもたゆまず励みなば

   ついには登らんあの峰に あの山に


エエ声を録音できたので ここで聴いていただけます。




タイトルが分かれば嬉しいのですが。
[PR]
by hoohiromi | 2009-01-20 17:57 | 昔のあんな曲、こんな曲

コマ-シャルソング

♪~ままごと遊びの母さん達は、みんなてっちゃん大好きよ
   てっちゃんてっちゃん かねてっちゃん
    ちくわとかまぼこちょうだいな   
    へいへい毎度ありがとさん



d0025581_10132980.gif

この歌詞をご覧になって普通に唄が口ずさめる方、いいですね~~~

ご存知、カネテツのコマ-シャルソングです。

我々はなにもカネテツの社員でもなく、まわしものでもないですが

突然hisakoさんが持ち出した唄です。

「夏」のうたとして魚に関係した唄をよく歌いますが

「かわいいかわいい魚屋さん」 もそのひとつです。

この唄をうたっていてhisakoさんは「この唄、何かに似ている・・・・」と思ったらしく

色々考える中、


「そうだ!!てっちゃんや!!」


ということでサ-フィンしてみつけてきました。


hisakoさんのカンはどんぴしゃで、


『当時「可愛い可愛い魚屋さん」の歌がはやっていたので、これからヒントを得て威勢のいい一心太助を連想し、それに先代社長(村上鉄雄氏)の子供のころの顔を加えて、可愛い子供の顔を仕立てあげた。』(北中氏)




なぜか、私も曲を覚えていたんですね。

歌い出すとみなさんがのりのり~~

特に最後の「あ~りが~と~さん」は大合唱です。

えらいもんです!

あるおばあちゃんはそれまで

「はよぅ部屋に帰してください・・」とず~っとおっしゃっていたのに

この唄でマイクを向けると 突然元気に歌われました。

CMそんぐも侮れません!!

そして・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この唄をチェックしていた私はもう一つ腰を抜かすほど驚きました。

なんとこの歌作曲したのは

世界の冨田 勲

あのシンセサイザ-の・・・彼が・・・・

うっ・・・・考えられない。。。


カネテツさん、すごい。
[PR]
by hoohiromi | 2008-08-27 10:14 | 昔のあんな曲、こんな曲

二宮金次郎

一   柴刈り繩なひ草鞋(わらぢ)をつくり、
      親の手を助(す)け弟(おとと)を世話し、
   兄弟仲よく孝行つくす、
      手本は二宮金次郎。
二  骨身を惜(をし)まず仕事をはげみ、
      夜なべ済まして手習読書、
   せはしい中にも撓(たゆ)まず学ぶ、
      手本は二宮金次郎。
三 家業大事に費(つひえ)をはぶき、
      少しの物をも粗末にせずに、
   遂には身を立て人をもすくふ、
      手本は二宮金次郎。


古い歌です。明治44年に作られた歌です。


この歌を教えてくれたのが 先日書いた100歳前後のみなさんたち。

ひとりが歌い出されると、♪て~ほ~ん~はに~の~み~や~き~ん~じ~~ろ~~

と多くの方が合唱されて


この歌を知らなかった私は頭から??マ-クが出まくり~~~

で、検索してみると出てくる出てくる!

とても有名な歌のようです。

ちょっとお若めの方は・・・「しらんわ」とおっしゃいました。


ちなみに同じ時期に作られた歌として

一寸法師などがあるのですが・・・


似ている・・・・とっても・・・・・^^

あ、赤銅鈴の助などとも似てます。


またレパ-トリ-がふえました。


d0025581_21343942.jpg
[PR]
by hoohiromi | 2008-08-14 21:33 | 昔のあんな曲、こんな曲
「今 テレビ見るのが忙しいですね~みなさん」

とhisakoさんが言うとおり、

あっちで北京五輪、こっちで高校野球。

話題に事欠きません。


私自身はちょっとばたついていてあんまり話題についていけないのですが

きょうは100歳の○○さんから教えていただいたことをかきます。

ヤワラちゃんのお子さんがママについて北京について行っていたというのですが

ママが銅メダルをとった途端発熱したとか。


「中国では上手く治療が出来ないとかで、もう日本に帰ってきたんだって~」


どんな100歳!!??

○○さんは目もよく見えておられるようだし、耳は少し遠くなっておられるようですが

それでも50センチほど離れて普通の声で話す分には

まったく不自由ありません。

こんなヤワラちゃんの話題すら興味を持ってテレビでご覧になっているものと思われます。

ホンと、すごいです。


今の若いこの話題にはついていけないわ~~なんて

40代の私は言ってはいけませんっ!!!
[PR]
by hoohiromi | 2008-08-12 22:35 | 昔のあんな曲、こんな曲

野崎小唄

1 野崎参りは 屋形船でまいろ
  どこを向いても 菜の花ざかり
  粋な日傘にゃ 蝶々もとまる
  呼んで見ようか 土手の人

2 野崎参りは 屋形船でまいろ
  お染久松 切ない恋に
  残る紅梅 久作屋敷
  今も降らすか 春の雨

3 野崎参りは 屋形船でまいろ
  音にきこえた 観音ござる
  お願かけよか うたりょか滝に
  滝は白絹 法の水

ここから~東海林太郎がうたいます


なんですか!!??この歌の威力。

ほんとに誰もがご存知です。

今まで話はされるけど歌われたことがないじいちゃん、Mさんまで歌っちゃいました。

すご~~~い


女性もよくご存知ですが、とくに男性。

♪よ~ん~で~~み~よ~~か、ど~~て~~の~~~~ひ~~と~~~


コレだけでシルエットが浮ぶ・・・歌詞のすごさですか。


しかしこのお話、本当は3角関係のどろどろのようです^^/

歌詞には出てきませんが「許婚だったおみつ」さんは女の執念!

尼さんになっちゃうんです。お染、久松のために・・・・


大昔からこういう男女関係は歌になるんですね。。

おそるべし。
[PR]
by hoohiromi | 2008-04-15 23:52 | 昔のあんな曲、こんな曲