音楽療法とは違う、ただ高齢者のかたに音楽を楽しんで欲しいと思っているおばさんのペ-ジ


by hoohiromi

昔、むか~~し・・・

hisakoさんが以前住んでいたところは隣ご近所、何世代もそこにお住まいの方ばかりの地域だったとか。

つまりそこここにおじいさん、おばあさんがいらして

いろんな話もきけるし、教えてもらえた―のです。

だから彼女の話は利用者さんたちに共感を覚えてもらうことが多く

皆さんに支持していただける理由の一つだとも思います。


寒い朝には「あったまっていきなさいよ~」って 焚き火をしているおばさんたちに声をかけてもらった・・・とか

塀の上を忍者の格好をして歩いていたら「こら!!屋根瓦が落ちる」と怒られたとか・・・・


たまにお風呂屋さんにいくと、自分の子ども(赤ちゃん)を洗って入浴が済んだ頃に 

ボランティアのおばさんが来てくれて赤ちゃんだけ連れて行って ちゃんと乾かし

天花粉も塗って服も着せてくれていた・・・というのです。

自分はその間に髪も洗ってゆっくり入浴できると言うわけです。


私とhisakoさんはそんなに年の差があるわけではないのですが

そういう経験が皆無の私なんかにとってはおとぎ話の世界ですp(*゜▽゜*)q


そういう話をするとみなさん「そうやった、そうやった」とうなずいておられます。


昔のことを思い出して・・しばし思い出の中に浸れる・・・かしら。。
[PR]
by hoohiromi | 2009-06-06 21:49 | へぇ~