音楽療法とは違う、ただ高齢者のかたに音楽を楽しんで欲しいと思っているおばさんのペ-ジ


by hoohiromi

マスクマン

私は例のインフルエンザ界隈におります。

1週間はどの施設もデイサ-ビスは休業。。

デイを頼りにされているご家族の大変さはいかばかりだったかとお察しもうしあげます。


通常業務が始まってからもスタッフはみんな「マスクマン」です。


「しゃべる」のがお役目のhisakoさんは酸欠状態で

このまま行くと倒れてしまうのではないかと思うぐらい、マスクはしんどいです。

私たちは「バイキンマン?病原菌?」と思いながら

それでも何かあったときは後悔しないようにちゃんとマスクマンになっています^^


私は原則指さえ動かしていればいいのですが

でもたいていの歌は例えば耳の遠くていらっしゃるかたにわかっていただけるように

口を大きく動かしています。

マスクをしているとそれが出来ません。

究極、笑いかけているのか無表情なのかも 目だけでは さほどわかっていただけないと思います。


どうにかしてこちらの気持ちを分かって貰いたいと思って必死に表情を動かすと

これが結構疲れるのです。

息もしんどくなってきます。



どうか・・・どうか早くこの事態が収拾してくれることを・・祈ります。
[PR]
by hoohiromi | 2009-05-30 21:43 | 音楽で何ができる